Raspberry PiでDHCPクライアントを無効化して軽量化

標準

DHCPで自動的にIPアドレスを取得することは便利ですが、Raspberry Piの場合、IPは固定した方がネットワークアクセスが便利ですし、メモリの消費を約1.9MByte抑えることができます。

DHCPの自動割り当て範囲外に固定するように設定する必要があるので、予めルーターのDHCP割り当て範囲などを確認しておきましょう。

/etc/network/interfaces を以下を参考に編集します。

iface etc0 inet static
address 192.168.1.121
network 192.168.1.0
netmask 255.255.255.0
broadcast 192.168.1.255
gateway 192.168.1.1
dns-nameservers 192.168.1.1

Wifiの場合は「Raspberry PiのWIFIをシェルで設定するには」の記事も参考にしてみてください。

これだけで、約1.9MByteのメモリ消費を抑えられるのですから、オススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>