Raspberry PiにPLANEX GW-USMicroN(Wifiドングル)を認識させる

標準

以前「Raspberry PiのWIFIをシェルで設定するには」で少し触れましたが、
ちょっと古いWifiドングルだと、Raspberry Piが認識してくれません。

手元にあった「PLANEX GW-USMicroN」がまさにソレでした。
PLANEX GW-USMicroNは「RalinkTechnology RT2870」というチップのようで、
そのチップを認識させるという方法になります。

Raspberry Piで認識させるというか、Debianで認識させる方法というほうが正しいかも知れません。

手順は下記の通り「gw-usmicron.conf」に設定を書き込みます。

$ sudo vi /etc/modprobe.d/gw-usmicron.conf
install rt2800usb /sbin/modprobe --ignore-install rt2800usb;
/bin/echo "2019 ed14" > /sys/bus/usb/drivers/rt2800usb/new_id

 

次に「rt2800usb」を読み込ませます。

$ sudo modprobe rt2800usb

 

Raspberry Pi起動時に自動的に読み込ませるようにもしておきます。
「modules」の末尾に下記を追加します。

$ sudo vi /etc/modules
rt2800usb

以上で完了ですが、ちゃんと読み込まれているかを確認しましょう。

$ ifconfig

「wlan0」がちゃんと表示されていればOKです。

あとは、「Raspberry PiのWIFIをシェルで設定するには」を参考にWifiの設定をして終了です^^

 

Raspberry Piにホスト名でアクセスするには

標準

Raspberry Piにアクセスするのに一番簡単な方法は、
本体にモニタを接続してキーボードで操作する方法ですが、
真骨頂はやはりリモート接続することでしょう。

リモート接続するには、SSH接続やVNC接続、HTTP接続などこれまた色々ありますが、
その際に必ず必要になるのはRaspberry Piのアドレスです。

通常はIPアドレスなどを使いますが、
正直覚えておくのは面倒ですし、
IPが固定されていなければ毎回調べなければならずとても面倒です。

そこで、Raspberry Piにホスト名を割り当てて、
「raspberrypi.local」などと打ち込んでアクセスできるようにしておけばとても楽になります。

 

Avahiを使う

Apple社が開発したBonjour互換のAvahiというゼロ・コンフィギュレーションシステムを使います。
iTunesなどのApple製のアプリをインストールする時にインストールされるアレです。

「ゼロ・コンフィギュレーション (Zero Configuration)」とは、
「何の設定も行わず機器を使用可能にする」技術のことで、
Mac使いはご存知のAppleTalkの後継技術にあたります。

Appleが何年もかけて作り上げた技術もAvahiというフリーの技術でまかなえてしまえる時代なのです^^;

 

インストールと設定

$ sudo vi /etc/hostname
raspberrypi

raspberrypiのところを他のホスト名と衝突しないものに変えます。

うちの会社には複数台のRaspberry Piがあるので、以下のようにしてます。

  • 玄関に設置したカメラ用Pi … rpi-door
  • 仕事場に設置してカメラ閲覧用Pi … rpi-work
  • 会議室に設置したPi … rpi-metts

「rpi-door.local」と、後ろに「.local」を付けるとアクセスできるようになります。
デフォルトのままだと、「raspberrypi.local」ということですね。

$ sudo vi /etc/hosts
127.0.1.1 raspberrypi

上記と同様に、raspberrypiのところを設定したホスト名に変更します。
127.0.1.1となってますが、これで正解です。127.0.0.1では無いです。

最後にavahi-daemonのインストールは、

$ sudo apt-get install avahi-daemon

で、完了です。

ちゃんとアクセスできるか確認してみましょう。

この設定は、Raspberry Piでは最初に必ずしておくことをおすすめします!