Raspberry PiにPLANEX GW-USMicroN(Wifiドングル)を認識させる

標準

以前「Raspberry PiのWIFIをシェルで設定するには」で少し触れましたが、
ちょっと古いWifiドングルだと、Raspberry Piが認識してくれません。

手元にあった「PLANEX GW-USMicroN」がまさにソレでした。
PLANEX GW-USMicroNは「RalinkTechnology RT2870」というチップのようで、
そのチップを認識させるという方法になります。

Raspberry Piで認識させるというか、Debianで認識させる方法というほうが正しいかも知れません。

手順は下記の通り「gw-usmicron.conf」に設定を書き込みます。

$ sudo vi /etc/modprobe.d/gw-usmicron.conf
install rt2800usb /sbin/modprobe --ignore-install rt2800usb;
/bin/echo "2019 ed14" > /sys/bus/usb/drivers/rt2800usb/new_id

 

次に「rt2800usb」を読み込ませます。

$ sudo modprobe rt2800usb

 

Raspberry Pi起動時に自動的に読み込ませるようにもしておきます。
「modules」の末尾に下記を追加します。

$ sudo vi /etc/modules
rt2800usb

以上で完了ですが、ちゃんと読み込まれているかを確認しましょう。

$ ifconfig

「wlan0」がちゃんと表示されていればOKです。

あとは、「Raspberry PiのWIFIをシェルで設定するには」を参考にWifiの設定をして終了です^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>