Raspberry PiのWifiをシェルで設定するには

標準

Raspberry PiにUSB無線LAN(Wifi)ドングルを挿入することで、
Raspberry Piを無線化できます。

あまり古いUSB無線LAN(Wifi)ドングルだと、
使えない or 設定が必要(これについては後日別記事で)になりますのでご注意を。

また、Wifiは結構電力を消費するので、
電源は少なくとも1Aのものを使いましょう。
100均などで売っている(200円だった)500mAのものだと、
頻繁に切断したりします。これに気付くのに時間がかかりました・・・・。

 

/etc/network/interfaces の編集

まず、/etc/network/interfaces を以下のように編集します。

■ DHCPによるIP割り当ての場合

$ sudo vi /etc/network/interfaces
auto lo
iface lo inet loopback
iface eth0 inet dhcp
allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet dhcp
wpa-roam /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
iface default inet dhcp
wireless-power off

■ 固定IP割り当ての場合

auto lo
iface lo inet loopback
#iface eth0 inet dhcp
iface etc0 inet static
allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet manual
wpa-roam /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
iface default inet static
wireless-power off

address 192.168.1.121
netmask 255.255.0.0
gateway 192.168.1.1

※address, netmask, gateway は環境に合わせて設定してください。

 

無線LANの SSID とパスワードを登録

$ cd /etc/wpa_supplicant
$ sudo wpa_passphrase SSID PASSWORD >> wpa_supplicant.conf

SSID には無線LANの SSID を PASSWORD には無線LANの接続パスワードを入力してください。

$ sudo vi wpa_supplicant.conf

下記のように登録されているはずです。

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
network={
     ssid="SSID"
     #psk="PASSWORD"
     psk=c2161655c6ba444d8df94cbbf4e9c5c4c61fc37702b9c66ed37aee1545a5a333
}

無線LANの設定に応じた設定の変更を行います。

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
network={
    ssid="SSID"
    psk=c2161655c6ba444d8df94cbbf4e9c5c4c61fc37702b9c66ed37aee1545a5a333
    proto=RSN
    key_mgmt=WPA-PSK
    pairwise=TKIP
    auth_alg=OPEN
}

proto, key_mgmt, pairwise, auth_alg を追加し、
セキュリティ的には、psk の記載は削除しておくべきでしょう。

アクセスポイントをANY接続無効、ステルス設定で使用している場合は、
「scan_ssid=1」を追記します。

proto, key_mgmt, pairwise, auth_alg の値がわからない場合は、
一度デスクトップモードで起動して、Wifi設定アプリで設定してみるのも手です。
その後に、上記コマンドで暗号化したpskだけ書き換えればOKです。

 

ネットワークインターフェースを初期化

$ sudo ifdown wlan0
$ sudo ifup wlan0

上記コマンドを入力しても無線LANに接続できない場合は、
「/etc/network/interfaces」「/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf」の設定を見直しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>