Raspberry Piで仮想端末とシリアルコンソールを無効にして軽量化

標準

Raspberry Piでは、という、Linuxの多くは複数のユーザーが同時にログインするケースを想定しているので、仮想端末(コマンドラインシェル)を常時複数起動しています。

当然、起動している仮想端末数分だけメモリを消費しているので、1つだけを利用することとして軽量化します。

「絶対にGUIしか使わない!」というのであれば、全部コメントアウトして無効化するのもアリかも知れません。(あまりおススメしませんが・・・)

また、シリアルポートからの接続も利用しなければ、無効化して更なる軽量化を行いましょう。

$ sudo vi /etc/inittab
1:2345:respawn:/sbin/getty --noclear 38400 tty1
# 2:23:respawn:/sbin/getty 38400 tty2
# 3:23:respawn:/sbin/getty 38400 tty3
# 4:23:respawn:/sbin/getty 38400 tty4
# 5:23:respawn:/sbin/getty 38400 tty5
# 6:23:respawn:/sbin/getty 38400 tty6

(中略)

# T0:23:respawn:/sbin/getty -L ttyAMA0 115200 vt100

簡単でリスクも少ないチューニングなのでやっておいて損は無いでしょう!

Raspberry PiでDHCPクライアントを無効化して軽量化

標準

DHCPで自動的にIPアドレスを取得することは便利ですが、Raspberry Piの場合、IPは固定した方がネットワークアクセスが便利ですし、メモリの消費を約1.9MByte抑えることができます。

DHCPの自動割り当て範囲外に固定するように設定する必要があるので、予めルーターのDHCP割り当て範囲などを確認しておきましょう。

/etc/network/interfaces を以下を参考に編集します。

iface etc0 inet static
address 192.168.1.121
network 192.168.1.0
netmask 255.255.255.0
broadcast 192.168.1.255
gateway 192.168.1.1
dns-nameservers 192.168.1.1

Wifiの場合は「Raspberry PiのWIFIをシェルで設定するには」の記事も参考にしてみてください。

これだけで、約1.9MByteのメモリ消費を抑えられるのですから、オススメです!

Raspberry Piを簡単に高速化する方法

標準

ターミナルで使っているとそんなに体感できませんが、 Raspberry Piは設定で簡単にオーバークロックすることができます。 オーバークロックすると不安定になったり、電力がかかると思われますが、 神経質になるシステムをRaspberry Piで組むことは無いと思われますので、 あまり気にしなくても良いかもしれません。 まずは、下記コマンドでコンフィグ画面を開きます。

# sudo raspi-config

設定するのは2か所。

  • memory_split … ビデオメモリ設定です。

デスクトップを使わないのであれば16Mしか使わないよう設定すればOKでしょう。 カメラなどを使う場合は、あまり下げないほうが良いかも知れません。

 

  • overclock

Turbo 1000MHz ARM, 500MHz core, 600MHz SDRAM, 6 overvold が一番高いオーバークロックになります。

  とりあえずは、以上が最も簡単な高速化。 「/boot/config.txt」を編集することで、更に細かい設定も可能ですが、 それはまた次の機会に。