Raspberry Piとは

固定ページ

英国ラズベリーパイ財団(Raspberry Pi Foundation)が開発した名刺サイズのコンピューター。

Raspberry Piのサイズは、85.6mm×53.98mm×17mmと、非常にコンパクトで、スマートフォンなどのモバイル機器で多く採用されているARM社製のCPU(中央演算処理装置)を搭載している。

ディスプレイ出力はRCAコンポジットか、HDMIインターフェイスで、音声出力は3.5mmジャックかHDMI、キーボードなどは、USB2.0インターフェイス経由での接続となっているため、入出力操作は、一般的なパソコンと同じである。

しかし、ハードディスクなどは搭載せず、OS(基本ソフト)は、別途用意したSDカードにインストールし、搭載されているSDカードスロットにセットして起動させる必要がある。

2014-03-07 18.42.51

また、OSは、Windowsではなく、Linuxと呼ばれるオープンソースのOSを採用している。Linuxには、「ディストリビューション」と呼ばれる様々な種類があるが、そのうち、Raspberry Piでは、「Debian」というLinuxディストリビューションをベースにした「Raspbian(ラズビアン)」や、「Fedora」をベースにした「Pidora(ピドラ)」などが利用でき、これらのOSは、Raspberry PiのWebサイト(http://www.raspberrypi.org)から、無償でダウンロードできる。

 

Raspberry Piには、メインメモリーが256メガバイトのModel Aと、512メガバイトのModel Bの2タイプがあり、それぞれ、25ドル、35ドルという低価格で購入できる。なお、Model Bは、USBポートを二つ搭載するとともに、10/100BASE-T Ethernetによる有線LANネットワーク接続が可能。

このように、Raspberry Piは、世界中の子どもたちが、手軽に触れられるよう、また、次世代IT社会の発展へと寄与することを目的に、低価格で、持ち運びやすいコンピューターとして提供されている。

特に教育機関では、Raspberry Piで、電子工作について学んだり、コンピューターやプログラミングに関する基本的な知識を学んだりするだけでなく、情報社会における論理的思考や想像力、コミュニケーション能力などを養う道具としても注目されている。

仕様

Model A Model B
ターゲット価格 $25 $35
SoC Broadcom BCM2835 (CPU, GPU, DSP, SDRAM)
CPU 700 MHz / ARM1176JZF-S コア (ARM11 ファミリ)
GPU Broadcom VideoCore IV, OpenGL ES 2.0 (24 GFLOPS)
1080p 30fps H.264/MPEG-4 AVC High Profile デコーダー, MPEG-2, VC-1メモリから流用できるGPUメモリ量(16/32/64/128/256設定可能)
メモリ (SDRAM) 256MB (GPU共有) 512MB (GPU共有)、2012年10月14日以前の発送分は256MB
USB 2.0 ポート 1 2 (統合USBハブ)
映像出力 コンポジット RCA (PAL / NTSC) , HDMI 1.3 / 1.4
音声出力 3.5 mm ジャック, HDMI
ストレージ SDメモリーカード / MMC / SDIO カードスロット
ネットワーク なし 10/100 Mbps イーサネット (RJ45)
低レベル周辺機器 8 × GPIO, UART, I²C, SPIと2つのチップセレクト, +3.3 V, +5 V, 接地
電源 300 mA (1.5 W) 700 mA (3.5 W)
電源ソース[4] 5V / microUSB または GPIO
大きさ 85.60 mm × 53.98 mm (3.370 in × 2.125 in)
OS Debian, Fedora, Arch Linux